バートン英会話のお部屋

バートン英会話

学校などで習う英語はだいたいが教科書を使って文法を理解していくもので、ネイティブの先生による授業と言えば、積極的に自分を表現することを重点に置いています。

 

とにかく英語を口に出すこと、つまり発言をすることです。ネイティブ独特の言い回しなどは教科書?参考書には書かれていません。ネイティブの表現を無理やり覚えるなんてことも必要ありませんが、実際にネイティブの方とお話する回数を増やすことで"英語が話せる"ということに繋がっていきやすいです。

 

先程書いたように、学校でしたらネイティブの先生がいるのでそういった環境に出会う機会は多いと思います。日本にいればなおさらそういう環境になってしまうでしょう。学校で接する数十分でそれほどまでに上達するとは思えません。ましてや、社会人になってしまうとそれ以上にネイティブの方に接する機会は減ってしまうかと思います。

 

そこで、選択肢のひとつとして是非使っていただきたいのはネットです。いきなり知らない外国人と連絡をとる必要はありませんが、今や英語を話せるようになりたい!という人は多く、海外の方達と交流できるイベントや外国人バーなどが存在します。そこへ積極的に行ってみるのもいいかと思います。また、最近はSNS他いろいろなコミュニケーションツールがありますのでそういったものも利用できるといいでしょう。
そのほかにもいろいろな勉強方法がありますが、どれが自分にあっているか確認したい方はまずコチラのサイトを参考にしてみてください。
>>英語を話したい.com

 

実際、外国人の恋人ができたら相手の言葉を理解したいと思うようになり、その国の語学が上達するようです。

 

どんな場合でもやはり重要になってくるのは、単語力です。覚えている単語が少ないといざ話そうとしたときに黙り込んでしまうでしょう。もし、ある程度単語を覚えていれば、知っている単語をとにかく口に出すことで相手もそれがどういう意味なのか理解しようとしてくれます。

 

まずは、単語を覚え、積極的に行動することが大切です。